嬉しい時は、お客様にほめていただけた時。スタッフにポジティブな返事を聞かせてもらえた時。

入社までの経歴及び、経験などについて教えてください。

18歳から22歳まで4年ほど、寿司にかかわる仕事――具体的には海鮮割烹の店で働いていました。アルバイトで働き始めて、手先が器用だったこともあって「握りをやってみないか?」と言われたんです。ただ、自分で何かを創造するということに興味があり、その後、思い切ってその店をやめて、絵を描いたり、音楽活動をしたりもしていました。それからさらに十数年、寿司とは全く異なる業種で接客や設備に関わる仕事をしていました。

当社への入社の経緯、入社を決めた理由について教えてください。

手を動かして何かを作ることが好きで、自分が作ったものをお客さんに提供し、喜んでもらえたらという思いで、もう一度、寿司の仕事をしてみようと転職活動を始めました。会社の規模や知名度は気にせず、自分に合った会社をという思いで探していましたが、勤務地や勤務時間、休日やボーナスの有無、福利厚生の面で、働きやすい環境にあることが一番の決め手でした。プライベートの時間もとても大事ですから、ここなら仕事とプライベートを両立していけるだろうと思いました。

社風やお店の雰囲気、社内制度について教えてください。

働き始めて、すごく忙しいことにビックリしたんですが、その中でもお店にはいつも活気があります。職人もホールスタッフも仕事仲間というだけでなく、家族のような存在ですね。和気あいあいとしていて、忙しい中でも冗談を言い合ったりできる雰囲気があると思います。制度的にも自分が入社した4年ほど前の時期から、完全週休二日制に移行していきました。人間関係も必要以上にタテの関係性が幅を利かせていることもなく、実力や経験に合わせた等級制度による昇給もあり、働きやすい環境だと思います。

仕事の内容、やりがいについて教えてください。

入社後、副店長として管理業務も勉強させてもらい、その後、店長研修を経て昨年より店長をやらせていただいてます。握りの仕事に加えて、数字や物の管理、従業員のマネジメントを行なっています。店長として当然、常に売り上げのアップを目指していろんな施策を考え、実行していきます。従業員のマネジメントに関しては、まず何より率先してこちらから声をかけることを心がけています。やはりコミュニケーションが足りず、スタッフが話しかけづらい環境にあると、現場の声をきちんと吸い上げることができず、店の現状をきちんと把握できなくなってしまいますから。仕事をしていて嬉しいのは、やはりお客様にサービスや商品についてほめていただけた時。それからスタッフに「楽しく働けてる?」と声をかけた時に、ポジティブな返事を聞かせてもらえた時ですね。

今後の目標について教えてください。

店長になってもうすぐ丸1年になります。最初の1年は未経験の部分も多く、手探りでどうしても後手に回ってしまう部分が多かったのですが、これからは先のことを予測しつつ先手を打ってアプローチしていけると思うので、そこでいい結果を出していきたいですね。あとはいまいるスタッフがどんどんスキルアップしてもらえるような環境を整え、店長になる人材を育てていくことも自分の中に目標としてあります。